最近では、美容院に行くぐらい当たり前となっているサロン脱毛。脱毛を行っているサロンの数が増えた上に、リーズナブルな料金に設定されているため、気軽に通いやすくなりましたが、その一方でそれぞれのサロンによってプランも料金も異なっているため、「どこに通ったらいいの?」と、脱毛サロン選びに悩んでしまう方も多いですよね。
この記事では、脱毛サロンを選ぶ際にチェックするべきポイントと、脱毛サロンに通うメリットをご紹介いたしますので、ぜひ参考にして下さいね。

脱毛サロン選びのポイント

一口に「脱毛」と言っても、光脱毛や医療レーザー脱毛、ニードル脱毛などいくつかの種類がありますが、脱毛サロンやエステサロンで行われているのは、光脱毛です。

光脱毛とは?

特殊な光を照射して毛乳頭にダメージを与えて抑毛させる方法で、施術時間が短く傷みが少ない上に安全性も高いというメリットがあります。脱毛にかかる期間が長いというデメリットがあるものの、医療レーザーよりも長い複合波長高専によって、さまざまな毛質に反応し、毛根の深さに関わらずしっかりと毛根まで光線が届くのが特徴です。

医療レーザー脱毛とは?

その名の通りレーザー光を照射して毛乳頭を破壊させて抑毛する方法で、そのパワーは脱毛サロンやエステサロンの光脱毛より強いため、病院やクリニックでしか施術を受けることはできません。

ニードル脱毛とは?

一つ一つの毛穴に針を通し、電気を毛根に流して毛母細胞を破壊する方法で、この方法であれば永久脱毛が可能です。しかし、痛みが強く施術時間が長い上に、肌トラブルが起きやすいのがデメリットです。

使用されている機器をチェック

上記のように、脱毛サロンやエステサロンで行われているのは光脱毛ですが、使用されている機器には、「SSC方式」と「IPL方式」と、大きく分けて2つの種類があります。それぞれ異なった特徴があるので、使用されている機器もサロン選びの参考にしましょう。

SSC方式とは?

SSC(スムース・スキン・コントロール)方式とは、肌トラブルが少なく傷みがほとんどないことが特徴の、肌に優しい脱毛方法です。照射前に専用のジェルを塗布することで、その抑毛成分に反応して脱毛するという仕組みです。この専用ジェルには、光と反応すると抑毛効果を発揮するジェルビーンズが含まれているため、このジェルビーンズが毛穴に浸透することで毛根に対して脱毛効果が発揮されるのです。通う間隔は最短2週間なので、脱毛効果を早く実感することができます。

SSC方式を採用している脱毛サロン

大手の脱毛サロンでSSC方式を採用しているのは、ミュゼと脱毛ラボです。

IPL方式

IPL(インテルス・パルス・ライト)方式とは、特殊な光が毛根のメラニン色素に反応し、ダメージを与えて脱毛する方法です。IPL方式は1回の脱毛効果は少ないものの、施術を繰り返すことで徐々にムダ毛の量が少なくなります。1.5~3か月に1回の頻度で通い、6~10回ほどの施術でほとんどの方が効果を実感出来ます。

IPL方式を採用している脱毛サロン

大手の脱毛サロンでIPL方式を採用しているのは、C3スリー、キレイモ、銀座カラーです。

対象範囲を確認

脱毛の対象範囲は、脱毛サロンによって異なりますので、契約する前にきちんと確認する必要があります。例えば、最近人気が高まっているVIO脱毛ですが、Iラインの施術箇所は粘膜ギリギリのところまでなのか、それともショーツからはみ出る部分のみなのかは、脱毛サロンによって定義が異なるのです。 また、「全身脱毛」なら体全身の脱毛と認識する方が多いですが、実は指先は含まれていなかったりと、脱毛したかった部位が対象外であることもあるので、注意しましょう。

脱毛にかかる「単価」ではなく「総額」で比較する

脱毛にはお金がかかるというイメージがあるかもしれませんが、学生さんやOLの方でも利用しやすいように、月額制の脱毛サロンも多いですよね。この時に注意したいのが、料金は1回あたりの「単価」ではなく脱毛完了までにかかる「総額」で比較しましょう。 特に、「脱毛し放題」のコースの場合は12回以内でやめてしまうと返って高くついてしまうこともあるので、「何回ぐらい施術が必要か?」ということを見極める必要があるかもしれませんね。

施術以外にかかる料金があるか?

脱毛サロンによっては、施術自体にかかる金額の他にも、シェービングやアフターケアに料金がかかる場合がありますので、施術代は割安でも毎回追加の料金が発生するのでは、結局高くついしまうことになります。希望するコースの施術料金だけでなく、その他にかかる料金についても契約前に確認しましょう。

予約の取りやすさ・立地を考慮して通いやすいか?

契約後に後悔してしまう理由の一つに、「混雑していて予約がなかなか取れない!」という問題があります。特に、月額制で契約している場合は、混雑で予約できなくても月額料金は発生してしまいますので、予約が取りやすいかどうかも事前にチェックする必要があります。また、指定の店舗だけでなく、どこの店舗でも利用できるサロンの方が、お仕事帰りや学校帰り、休日を問わず通いやすいですよね。

無料カウンセリングとは?

強引に勧誘されたりしない? 脱毛サロンを選ぶ際に欠かせない「カウンセリング」ですが、その内容やかかる時間、「強引に勧誘されないか心配」という方も多いのでは? 脱毛サロンのカウンセリングでは、主に脱毛プランや料金、脱毛部位などの説明を受けます。カウンセリングはもちろん無料で、必ずしもこの時点で契約する必要はありませんし、カウンセリング当日に施術するわけではないので、ムダ毛の処理も不要です。 また、最近ではHPなどに「勧誘しません」といったことを明記しているサロンも多く、実際に強引な勧誘が行われることはありません。

脱毛サロンに通うメリットは?

ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ・・・

ムダ毛を自分で処理するには、カミソリや脱毛クリーム、毛抜きなど様々な方法がありますが、これらの方法によるムダ毛処理は肌へのダメージが非常に大きいものです。

例えば、皮膚の中に毛が埋没してしまったり、黒ずみが発生するなど、思い当たる方も多いのではないでしょうか? さらに、ムダ毛の自己処理は意外と時間がかかっていることをご存知でしょうか?女性が一生のうちにムダ毛処理に費やしている時間は、なんと25日と言われているのです。

1回あたりのムダ毛処理にかかる時間は10.38分ですので、10.38分×1.51回×4週=約60分。このように、1か月に費やす時間は約60分となります。 仮に、16歳~60歳までこのペースで自己処理すると、約611時間(25日)ということになるのです。

肌への負担が少なく仕上がりが綺麗

カミソリや除毛クリームなどでの自己処理は、カミソリの刃が肌の表面を傷つけたり、除毛クリームの強い成分によって肌がダメージを受けたりと、肌への負担は想像している以上に大きいものです。脱毛サロンで使用されている機器も、肌への負担が全くかからないというわけではありませんが、必ず丁寧に保湿を行いますので、肌への負担を抑えることができるのです。

背中など自分では手の届かない部分も綺麗にできる

背中やうなじなど、自分では手の届かない部分まで綺麗にできるという点も、脱毛サロンのメリットです。加えて、脱毛サロンで行う施術は繰り返し行うことでムダ毛が薄くなり、最終的には生えてこなくなりますので、仕上がりも綺麗です。

脱毛サロンに通うデメリットは?

お金がかかる

一昔前と比べればかなり金額は下がったとは言っても、脱毛サロンに通うにはそれなりに高額な費用がかかります。脱毛する部位が少なければそれだけ費用は抑えることができるので、代表的なワキやVIOなどから始めてみるのもおすすめです。また、サロンによってはお得なキャンペーンを行っている場合もあるので、こまめにチェックしてみましょう。

脱毛サロンへ通う必要がある

計画通りに定期的に通っていても、脱毛が完了するまでには2~3年かかると言われていますので、その期間脱毛サロンに通い続けなければならないのが大変だと感じる方も多いのではないでしょうか? できるだけ通いやすいように、予約の取りやすさや立地も考慮して脱毛サロンを選びましょう。