【部分脱毛】安い料金で満足できるサロンをご紹介!

全身脱毛と比べると、部分脱毛はリーズナブルな料金で施術できるので、気になる部分だけ脱毛したいという方も多いですよね!脱毛サロンなら、驚くほどお得な料金で脱毛できるキャンペーンなども行っているため、上手に利用したいものです。今回は、部分脱毛の料金を抑える方法と部分脱毛におすすめな脱毛サロンをご紹介いたします。

お手頃に部分脱毛する方法

あらかじめ脱毛する部位・予算を決めておく

初めは、「ワキだけ」と思っていても、一か所綺麗になると他の部位も綺麗にしたくなるのが女心ですよね!特定の部位だけの脱毛であれば、かかる費用は全身脱毛よりもリーズナブルに行うことができますが、後から脱毛部位をプラスしていくと、結果的に全身脱毛にかかる費用よりも高くなってしまいます。
「どの部位を、どの程度にまで脱毛するのか?」
「脱毛にかけてもいい金額はいくらまでにするか?」
ということを明確に決めておくと、脱毛サロンやクリニックを選びやすくなります。

キャンペーンを利用する

脱毛サロンでは、通常よりもお得に脱毛できるキャンペーンを行っていることが多いので、部分脱毛のキャンペーンを行っているサロンをチェックするのもおすすめです。
多くのサロンが部分脱毛を格安でできるキャンペーンを行っている理由は、「脱毛初心者の方へのお試し」といった意味があります。確かに、一度脱毛をしてみて満足すれば、少し高額になっても全身脱毛をしたいという方も少なくないでしょう。
その際に、上記のようにあらかじめ脱毛する部位や予算を決めておかないと、気持ちが揺らぎ、「脱毛部位を追加したら、結局高額になってしまった」ということになってしまいます。

部分脱毛を行っているサロンは?

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでの部分脱毛プランは、下記の2つです。

■両ワキ+vライン 美容脱毛6回コース
常にお得なキャンペーンを行っているミュゼプラチナムでは、初めての方であれば100円で両ワキとvラインの脱毛が可能な「両ワキ+vライン 美容脱毛6回コース」を受けることができます。

■フリーセレクト 美容脱毛コース
SパーツとLパーツから、それぞれ部位と回数を選び、お好みでカスタマイズできるコースです。料金は、Lパーツ(4回)で18,000円~、Sパーツ(8回)で18,000円~です。脱毛する部位や料金に関しては、無料カウンセリングの際にじっくりと相談することができます。

TBC

TBCでの部分脱毛プランは、下記の2つです。

■プレーンゾーン
脱毛部位は、両ワキ、両ひじ下、両ひざ下で、1本単価は130円(ビジター価格)です。

■デリケートゾーン
脱毛部位は、顔、襟足、首、両手足の甲・指で、1本単価は143円(ビジター価格)です。

ジェイエステ

ジェイエステで部分脱毛できるプランは、下記の通りです。

■脱毛初回キャンペーン
両ワキ(12回)+他の3部位の脱毛が300円でできるプランです。
選べる3部位は、顔、うなじ、胸、Iライン、トライアングル上下、Tバックゾーンを除く全身18の部位から3部位を選び、各1回ずつ施術できます。

■うでまるっと脱毛
初めての方限定で、両手の甲・指、両ひじ上下、両ひじの脱毛(各2回)が5,000円でできるプランです。

■背中&うなじ脱毛
背中上(4回)+うなじ(4回)+両ワキ(12回)の脱毛を、19,440円でできるプランです。(1回あたり4,860円)

■全身フリーチョイス40回脱毛
全身32部位から、好きな部位と回数を40回選んで自由に組み合わせできるプランです。
一括でお支払いする場合は、97,200円、月々のお支払いにする場合は4,800円~/月で施術が可能です。

■オーダーメイドプラン80回脱毛
全身32部位から、好きな部位と回数を80回選んで自由に組み合わせできるプランで、どちらかと言うと全身脱毛向けのプランですが、気になる特定の部位を徹底的に脱毛したい方にもおすすめです。
一括でお支払いする場合は、167,184円、月々のお支払いにする場合は8,300円/月で施術が可能です。

■デリケート5プラン
初めての方に限り、VIOなどのデリケートゾーン5か所をまとめて2回脱毛することができるプランです。料金は、2回の施術で5000円です。

■フェイス6プラン
初めての方に限り、おでこ、両頬、口周り、cライン、フェイスライン、あごといった6か所の脱毛を、まとめて2回脱毛することができるプランです。料金は、2回の施術で5000円です。

脱毛ラボ

脱毛ラボでの部分脱毛プランは、下記の通りです。

■選べる部分脱毛28ヶ所
全身56ヶ所の中から、28ヶ所の脱毛部位を毎回選ぶことができるプランです。6回パックで128,160円です。

■1回単発脱毛プラン
自己処理が難しい部位や気になる箇所だけを、その名の通り単発で脱毛できるプランです。脱毛部位は全身から選ぶことができ、脱毛部位の面積によって料金が異なります。例えば、Sパーツに該当する両ワキは2000円、Mパーツに該当するvラインは3000円、Lラインに該当する背中上は4000円です。

全身脱毛・部分脱毛どちらがお得?

全身脱毛は高額で敷居が高いと感じている方も多いと思いますが、部分脱毛でもどんどん施術箇所を増やしていくと、結果的には全身脱毛の金額よりも高くなってしまいます。
まずは、全身脱毛が完了するまでにかかる金額をチェックしてみましょう。

脱毛サロン 全身脱毛の料金
ミュゼプラチナム 567,000円(顔脱毛含まない)
キレイモ 342,000円
脱毛ラボ 429,840円
シースリー 420,000円
銀座カラー 290,050円
恋肌 306,648円

大手脱毛サロンでの全身脱毛にかかる金額を比較してみると、銀座カラーが最もリーズナブルに脱毛することができます。もし、部分脱毛にかかる総額が銀座カラーの全身脱毛の金額よりも高くなってしまう場合は、初めから銀座カラーでの全身脱毛を選ぶのがおすすめです。

部分脱毛はこんな方におすすめ!

・気になる部位だけでOK!
・お試しで脱毛したい!
・脱毛の経験はあるけれど、未処理の部分を脱毛したい
・脱毛のための予算が少ない
・短い施術時間で脱毛を終えたい

すでに脱毛したい部位が明確に決まっていたり、脱毛するのが初めての方などは、ピンポイントでの脱毛がおすすめです。
また、予算が限られている場合などでも、部分脱毛なら破格の価格で脱毛することができます。

部分脱毛のメリット・デメリット

部分脱毛は、下記のような嬉しいメリットもあれば、注意したいデメリットもあります。

メリット

希望の部位だけ脱毛できる

脱毛したい部位は人それぞれですので、希望の部位だけを脱毛することができるのが部分脱毛の一番のメリットです。

費用を抑えることができる

選択した部位のみを脱毛するので、脱毛する箇所が少なければ全身脱毛よりも費用を抑えることができます。予算があらかじめ決まっている場合は、予算に合わせて脱毛部位を決めるのもいいですね。

施術時間が短くて済む

全身脱毛の場合、どうしても施術範囲が広くなるので、その分時間もかかってしまいますが、例えば脱毛部位が両ワキのみである場合、施術にかかる時間は最短3分程度です。

デメリット

後から部位を追加すると高額になってしまう

先ほども触れたように、初めは「気になるところだけで十分」と思っていても、後からどんどん脱毛部位を追加すると、結果的に高額になってしまいます。

境目が目立ってしまう

部分的に脱毛することで、脱毛した部分と未処理の部分との境目が目立ってしまうところも、部分脱毛のデメリットだと言えます。特に、腕や脚などの露出が多い部分は要注意です。

まとめ

希望に合わせてリーズナブルに脱毛することができる部分脱毛ですが、その反対にデメリットもありますので、まずは「どこまで脱毛したいのか?」ということを決めておくことが大切です。
自己処理しなくてもムダ毛のないスベスベ肌を手に入れて、水着や露出の多いファッションも着こなしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です