脱毛の痛みに耐えられない?!痛みを軽減する方法をご紹介!

脱毛可能な部位の中でも、特に痛みを感じやすいのが、VIO(デリケートゾーン)だと言われているため、「VIO脱毛したいけど、痛みに耐えられるかわからない・・・」と躊躇している方も多いですよね。

最近では当たり前とされているVIO脱毛ですが、痛みを耐えてまで脱毛する理由とは、一体どんなことがあるのでしょうか?今回は、脱毛の痛みを軽減する方法をご紹介していきます。

脱毛で1番痛みを感じる部位は?

脱毛時の痛みは、「輪ゴムではじかれたような痛み」などと例えられますが、このような痛みは全身に感じるわけではなく、

・太く濃い毛が密集している部位(脇、VIOなど)
・皮膚が薄い部位(足の指、足の甲など)
・骨に近い部位(背骨付近など)

に痛みを感じる方が多いです。
これらの中でも特に痛い部位は、VIO(デリケートゾーン)で、さらに、VラインとIラインは皮膚が薄く毛が太いため、強い痛みが出やすいのです。

脱毛の際に痛みを感じる理由とは?

脱毛サロンやエステサロンの光脱毛でも、クリニックや病院のレーザー脱毛でも、部位によっては痛みを感じる方が多いですよね。その理由は、どちらも高熱の光によって毛根に刺激を与えて弱らせる方法であるためです。脱毛機器の光が当たる瞬間には、光脱毛の場合は約70℃、レーザー脱毛の場合は約200℃の高熱が毛根付近にかかりますので、痛みを感じるのは当然ですよね。
また、いずれも色が黒い部分だけに反応しますので、細くて薄い毛よりも、太くて濃い毛の部位の方が痛みを感じやすくなると言うわけです。上記の、「脇やVIOが一番痛い」とされることにも納得です。

痛みと脱毛効果の関係について

脱毛の照射出力が強いと、脱毛効果を実感しやすい反面、痛みもそれに伴って強くなるので、「痛い方が効果がある」ということは間違いありません。しかし、痛みを我慢して強い出力で光を照射することによって肌には大きな負担がかかるので、肌質や肌の状態によっては火傷のような肌トラブルが起こってしまう危険もあります。脱毛サロンによってもともとの出力の強さは異なるため、照射の際にかなり強い痛みがあり、良く抜けるという場合には、法律で規制されている出力以上の強さで施術を行っている可能性もあります。

痛みに耐えて脱毛するメリット・デメリット

毎回痛い思いをするのに、「どうしてみんな脱毛するの?」という方も多いのではないでしょうか?その理由は、痛みに耐えてまでも脱毛によって得られるメリットが大きいからです。

メリット

自己処理の手間がなくなる

カミソリや毛抜きなどでの自己処理は、面倒な上に時間がかかるにも関わらず、きれいな状態が長続きしないので、うんざりしている方も多いはず。特に、夏になると肌の露出面積が増えるので大変です・・・。しかし、定期的に脱毛に通うことで面倒な自己処理から解放されますので、痛みがあっても脱毛サロンに通う価値は十分にあると思います。

自己処理する回数が減るので肌が綺麗になる

ムダ毛の自己処理は、想像以上に肌への負担が強いものですので、毛穴の中に毛が埋没して炎症を起こしてしまったり、黒ずんでしまったりするなどの肌トラブルの原因となります。脱毛の回数を重ねるごとに、ムダ毛の毛質が細く薄くなってくるので、自己処理の回数が減るので、肌の調子が良くなり、美肌になれると言うわけです。

自分では見えない部分も綺麗に処理できる

背中やうなじ、VIOなど、自分ではなかなか自己処理できない部分でも、プロの手に任せれば綺麗に処理してもらうことができます。自己処理だとどうしても剃り残してしまいがちな部分も、脱毛サロンでの施術ならムラなく綺麗にできて安心です。

好きなデザインの水着や下着を楽しめる

特に、VIOのムダ毛が綺麗になれば、可愛い下着や水大胆な水着でも毛がはみ出す心配なく楽しむことができます。

急なお出かけにも対応できる

ムダ毛を自己処理する必要がなければ、急なお泊りや海やプールへのお誘いでも心配ありません。もちろん、旅行中にムダ毛の処理をする必要もありませんし、温泉に入るときでも周りの目を気にする必要なく楽しむことができます。

VIO脱毛でデリケートゾーンを衛生的に保てる

VIOは、定番の脇や腕よりも「1番やってよかった!」と感じる方が多い部位です。デリケートゾーンのムダ毛が少なくなることで、生理中でも快適に過ごせますし、蒸れによるかゆみやかぶれなどの肌トラブルも起きにくくなります。

デメリット

痛みがある

太くて濃い毛が密集している脇やVIOの部位の施術の際は、痛みを感じる方がほとんどです。しかし、痛いからと言って脱毛を諦めないのは「綺麗にしたい」という女心ですね。

お金がかかる

脱毛サロンに通うとなると、数万円単位のお金がかかりますよね。このまま家で自己処理を続けていくか、それとも、思い切って脱毛するか、悩むところだと思います。しかし、脱毛サロンによってはお得なキャンペーンを行っていることもあり、それを上手に利用すると半額程度に費用を抑えることも可能です。キャンペーンは期間限定で行われていることがほとんどなので、見つけたら迷わず申込みするのが正解です。

施術の際に見られるのが恥ずかしい

VIOの脱毛につきものなのは、「施術中恥ずかしい」ということですよね。初めは多くの方がこのように感じますが、回数を重ねると慣れてくるため、だんだん恥ずかしくなくなってきます。もちろん、スタッフは毎日何人ものお客さんを対応していますので、手際よく施術してもらえますし、脱毛サロンやエステサロンであれば、VIO脱毛用の紙ショーツが用意されているのがほとんどなので、それによって恥ずかしさも軽減されます。婦人科で男性の先生に診てもらうよりは、かなりマシなのではないでしょうか・・・?

脱毛時に痛みを感じやすい人の特徴

毛が太い・濃い

上記で触れたように、脱毛機器の光は黒い部分に反応しますので、毛が太く濃い場合は傷みを強く感じやすくなります。しかし、何度か脱毛回数を重ねていくと、毛質が細く薄く変化していくため、それに伴って痛みも軽減されていきます。

肌が乾燥している

乾燥している肌は、肌を守るためのバリア機能が低下している状態ですので、脱毛で照射される光によって肌にダメージを受けやすくなり、痛みを感じやすくなります。乾燥がひどいと、施術自体を断られる場合もありますので、季節に関係なくしっかりと保湿しましょう。

肌の色が白い

肌の色が白いと、黒いムダ毛との色の差が大きくなるため、脱毛の光が反応しやすく、痛みを感じやすくなります。だからと言って、日焼けをした肌は乾燥するだけでなく照射の際に火傷をしてしまう危険もありますので、元々色白の方は日焼けにも要注意です。

脱毛時の痛みを最小限にする方法は?

脱毛では、少なからず痛みがあるのは仕方がなのですが、施術の際に感じる痛みを最小限にする方法もあります。

保湿ケア・紫外線対策を行う

肌が乾燥していると、脱毛時の痛みを感じやすいので、特に施術する部位は季節を問わず日頃からしっかりと保湿を行いましょう。保湿ジェルやクリームは、脱毛サロンで販売されている場合もあります。

施術当日はカフェインを控える

神経を過敏にするカフェインは、脱毛当日には控えることをおすすめします。
カフェインは、主にコーヒーや紅茶、ココアなどに多く含まれています。

体調が良くない時や生理前後の期間は避ける

寝不足や風邪気味などで体調が良くない時や、生理前後は、普段よりも痛みを強く感じる場合があります。十分な睡眠を摂るなどして、体調管理にも心がけましょう。

脱毛機器の出力を下げてもらう

光脱毛もレーザー脱毛も、機器の出力が強ければ強いほど痛みを強く感じやすくなるので、出力を弱めてもらうことも痛みの軽減に効果的です。出力を弱めることで脱毛効果は低くなりますが、我慢できないほどの痛みは肌へのダメージになり、肌トラブルを引き起こしてしまう原因に。毛質が変わって細く薄くなってきたら、出力を強めてもらうことも可能です。

無痛での脱毛も可能?!ハイパースキン脱毛とは?

「ハイパースキン脱毛」とは、多くの脱毛サロンで採用しているIPL脱毛やSSC脱毛といった光脱毛とは脱毛の仕組みが異なる、新しい仕組みの脱毛方法です。
ハイパースキン脱毛は、毛根因子に特殊な光を照射することによって発毛を抑えるのですが、その際の痛みはほとんどなく、子供にも使用できるぐらい安全・安心だとされています。ただし、ハイパースキン脱毛を採用しているサロンは少なく、開発されてからそれほど長くないので、実際の持続効果のデータなどがないことが心配なところ。また、かかる費用も高額であることが難点だと言えます。

痛みの我慢は肌トラブルのもと!強い痛みはスタッフに要相談

脇やVIOなど毛が太い部位の施術の際は、どうしても痛みが伴うものですが、我慢できないぐらいの痛みである場合は、そのまま施術を続けるのは危険ですので、すぐにスタッフに相談しましょう。光の出力を弱めたり、冷やしながら施術するなどの対応をしてくれますので、くれぐれも痛みを我慢し過ぎないように注意してくださいね。

まとめ

全身の中でも、比較的痛みが強いのがVIOの部位ですが、多少の痛みを伴ってもこの部分のムダ毛をなくすことには大きなメリットがあると感じている女性がほとんどです。しかし、我慢のし過ぎは禁物ですので、保湿など自身でできる対策を行い、施術中どうしても痛い場合には出力を下げてもらうことをおすすめします。自分のペースで確実に、ツルスベ肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です