【医療脱毛】効果が出るまでに必要な回数は?

医療脱毛を検討している方が1番気になるのは、効果が出るまでに必要な回数ではないでしょうか?
必要な回数には個人差がある他にも、生えているムダ毛の毛質の違いによっても異なります。例えば、太い毛が生えている部位であれば効果が出やすい一方で、産毛程度の細い毛質の部位だとなかなか効果を実感しにくいのです。

今回は、医療脱毛で効果が出るまでに必要な回数を、部位ごとに解説していきます。

医療脱毛に必要な回数と期間!

医療脱毛に必要な回数と期間は、それぞれの部位の毛質によって異なります。

脱毛する部位 自己処理不要 脱毛完了
全身 8回 10回以上
5回 6回以上
vライン 5回 6回以上
I・Oライン 5回~8回 10回以上
5回 6回以上
5回 6回以上
顔(鼻下・口周り) 8回 10回以上
うなじ 6回 10回以上
お腹 5回 8回以上
背中 5回 8回以上
5回 8回以上
おしり 5回 6回以上

上記のように、医療脱毛であれば平均6回前後通えば自己処理する必要がない程度にまでムダ毛を薄くすることができ、そこまで脱毛するまでに必要な期間は1年~1年半です。

そもそも医療脱毛(レーザー脱毛)とは?

医療脱毛で使用されているレーザー脱毛の仕組み

医療脱毛は、病院やクリニックで行われる脱毛で、レーザー脱毛を使用しています。
レーザー脱毛を使用することは医療行為に該当するので、医師免許資格所有者のみが施術を行うことができるのです。

医療レーザーを照射する際は、エステ脱毛の施術と同じように電気シェーバーで事前に処理をしておく必要があります。

剃毛した肌に照射された医療レーザーは、毛根のメラニン色素(黒い色)に反応し、レーザーの熱がその周囲に広がります。この熱が、毛を作り出す毛母細胞を破壊するため、残った毛が抜け落ちると言うわけです。

毛深いほど効果あり!産毛への効果は少ない

医療レーザーは、メラニンへの反応によって脱毛効果を得ることができるため、毛質が太い毛深い体質であるほど効果が出やすいので、「剛毛だから時間がかかるのでは?」という心配はありません。

しかし、反対に薄い毛はメラニン色素が少ないため、医療レーザーでは効果が出にくいのです。

それほどムダ毛が濃い方でなければ、サロン脱毛の方が効果が出やすいかもしれませんね。

何回コースを選んだらいい?

医療脱毛にかかる費用は高額なため、回数の選択に悩んでしまう方も多いかともいます。

全身脱毛の場合、ほとんどのクリニックでは5回・6回・8回のプランが設けられていますので、後から「回数が足りなかった」なんてことにならないように、ある程度かかる回数を予想しておきたいですよね。

必要な回数には個人差がありますので、一概には言えませんが、最初に回数少なめのコースを選んでおき、もし後から回数を増やしたい場合には、必要回数を足していくと、無駄な出費を抑えることができます。

毛周期に合わせた間隔で通う

毛周期とは、1本の毛が生えてから自然に抜け落ちるまでの期間のことで、「成長期➡後退期➡休止期」と、一定の周期でこのサイクルを繰り返します。

医療レーザーもサロン脱毛も、「成長期」の段階の毛にしか反応しないため、照射した部分の毛が一度に全部抜け落ちるわけではありません。成長期の毛の割合は、全体の約20%ですので、上手に毛周期を利用して脱毛を行えば、5回で100%の成長期の毛を脱毛できることになります。

医療脱毛を行っているクリニックの選び方

クリニックを選ぶ際にまずチェックしたいのが、脱毛にかかる料金です。ただでさえ医療脱毛の料金は比較的高額なので、経済的な負担を抑えるためにできるだけ価格が抑えられているクリニックを選ぶことをおすすめします。
クリニックによってプランや回数は様々ですので、比較する場合は1回あたりにかかる料金で比べてみましょう。

他にも、脱毛がある程度完了する「5回以上のプランがあるか?」ということも重要です。
また、定期的に通って早く脱毛を完了させるためには。予約の取りやすさもチェックしたいですね!

医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

脱毛には、大きく分けて「エステ脱毛」と「医療脱毛」があります。プロの手による脱毛を検討している方は、これらの違いをきちんと理解してから、どこに通うかを決めましょう。

レーザーの出力が違う

サロン脱毛は、毛根にダメージを与えることによって徐々に毛が細くなり、最終的にはほぼ生えてこない状態となります。
医療脱毛は、毛根を破壊して脱毛を行います。毛根が破壊された毛は抜け落ち、一度抜け落ちた毛が再び生えてくることはほぼありません。

また、出力が強いということはその分痛みも強く感じるということも知っておきましょう。
サロン脱毛でも、太い毛が生えている脇やVIOなどの施術の際には痛みを感じることがありますが、サロン脱毛の場合は出力を下げてもらうことでほぼ痛みを感じることなく脱毛することができます。
しかし、医療レーザーの場合はもともとの出力が強いため、耐えられないほどの強い痛みを感じる場合には、麻酔などを使用することもあります。

かかる費用が違う

一般的にどこのサロン・クリニックでもサロン脱毛の方がリーズナブルで、医療脱毛の方が高額です。
例えば、自己処理が不要になるぐらいまでサロン脱毛にて全身脱毛(12回)を行う場合にかかる費用は平均30万円です。それに対して、医療脱毛で全身脱毛(8回)を行う場合にかかる費用は平均45万円が相場なのです。

脱毛に必要な期間が違う

サロン脱毛では、毛根を破壊することができないので、どうしても必要な回数や期間は多くなります。しかし、医療脱毛であれば強い出力でレーザーを照射して毛根を破壊するため、必要な回数も期間も少なくて済むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です