生理中はVIO脱毛NG?生理の場合のサロン・クリニックの対応は?

最近では当たり前となっているVIO脱毛ですが、生理とか施術の予約日が重なってしまった場合はどうなるのでしょうか?生理中の脱毛に関しては、サロンやクリニックによって対応が異なりますので、申込みする前に確認しておきましょう。

今回は、生理中の脱毛について解説していきたいと思います。

生理中はVIO脱毛できない!その理由とは?

脱毛サロンでは、生理中でのVIO脱毛はできません。
クリニックの場合は医療機関であるため、生理中の施術で万が一何かトラブルが起きてもすぐに医師が対応できるということで、場合によっては生理中でも施術が可能なクリニックもありますが、衛生面や体調面のことを考えると、生理期間中の脱毛は避けることをおすすめします。

生理中のVIO脱毛がNGな理由とは・・・

衛生面の問題がある

生理中でのVIO脱毛は、経血がタオルや施術台に付着してしまう可能性が高いですよね。経血は、除菌シートなどで拭いても簡単に殺菌・消毒することができませんので、とても衛生的とは言えません。
また、生理中は外部からの感染症のリスクが高くなることも、生理中にVIO脱毛NGな理由です。サロン・クリニックの施術台や脱毛機器は常に清潔な状態に保たれていますが、これらは多くの人に使用されているため、感染リスクがゼロとは言い切れませんよね。

施術がスムーズにできない

一部のクリニックでは、タンポンを使用することを条件に生理中でもVIO脱毛の施術を受けることができますが、もし経血が出てきてしまうなどすると、スムーズに施術を行うことができません。

通常よりも痛みを強く感じやすい

生理中の肌は普段よりも敏感な状態ですので、照射する際の痛みが通常よりも強く感じやすくなります。ただでさえクリニックの医療レーザーは強い痛みを伴うものですが、それがさらに痛くなるというわけです。
サロン脱毛でも、痛みが強いからと普段よりも照射の出力を下げてもらうと、その分脱毛効果も低下してしまう事に・・・。

肌トラブルが起こりやすい

上記で触れたように、生理中の肌は通常よりも敏感なので、脱毛することによってニキビやシミ、赤みなどといった肌トラブルも起こりやすくなります。
生理中に肌が敏感になるのは、この時期はホルモンバランスが乱れやすくなることにあります。ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が減少して乾燥したり、肌のバリア機能も低下しがちになるのですが、そこへ脱毛の刺激が加わると、肌トラブルが起こりやすくなるというわけです。

脱毛効果がダウンする

生理中の脱毛は、いつもよりも痛みはアップしますが、脱毛効果はダウンしてしまいます。
脱毛は、毛が生えてから抜け落ちるまでの「毛周期」に合わせて行うことで効率よく進めることができますが、生理中はこの毛周期が乱れてしまいますので、脱毛効果が十分に得られない場合もあるのです。

VIO以外の部位でも生理中は脱毛を避けるべき?

上記で触れたように、生理中の肌は普段の状態とは異なるため、基本的にその期間は脱毛を避けるのが無難ですが、VIO以外の部位であれば対応しているサロンが多く、クリニックならほとんどのところが施術可能です。

生理中でもVIO以外なら施術可能なサロン
・キレイモ
・銀座カラー
・ミュゼプラチナム
・ストラッシュ

【当日キャンセル】脱毛サロン・クリニックの対応は?

脱毛サロン 当日キャンセルした場合
ミュゼプラチナム キャンセル料なし
キレイモ 1回分の消化
シースリー 1分前までの連絡でキャンセル料なし
銀座カラー 回数プラン:1回分消化
脱毛し放題:キャンセル料発生(2000円)
ストラッシュ パックプラン:キャンセル料なし
月額制:1回分消化

当日のキャンセルに関して最も良心的なのが、ミュゼプラチナムです。
シースリーは、当日でも施術時間の1分前までに連絡をすればキャンセル料は発生しませんが、無断キャンセルの場合は3,000円のキャンセル料または施術1回分を消化したとみなされてしまいます。
銀座カラー・ストラッシュは、プランによって対応が異なります。

クリニック 当日キャンセルした場合
アリシアクリニック キャンセル料なし
リゼクリニック 3時間前までの連絡でキャンセル料なし
レジーナクリニック 1回分消化
湘南美容クリニック キャンセル料発生(3000円)

アリシアクリニックは、連絡をした場合に限りキャンセル料は発生しませんが、無断キャンセルの場合は施術1回分消化されます。

脱毛予約日とかぶるのが心配な方のサロン・クリニックの選び方

健康的な面で考えると、まずは生理不順を改善することが一番ですが、すぐにはどうにもできませんよね。生理不順の方は、下記のポイントを参考にしてサロン・クリニックを選んでください(*^^*)

当日でもキャンセル料がかからないサロン・クリニックを選ぶ

当日キャンセルしても、キャンセル料が発生しないサロン・クリニックを選ぶと、生理不順の方でも安心して通うことができます。
急に生理がきて施術を受けることができなくなってしまっても、数千円のキャンセル料が発生するサロンやクリニックもありますが、当日のキャンセルでもキャンセル料がかからないところもあるのです。

予約が取りやすいサロン・クリニックを選ぶ

予約が取りやすいサロンやクリニックであれば、生理でキャンセルしても再度近い日にちで予約を取り直すことができますよね。しかし、予約が取りにくいと1か月以上先でなければ次の予約が取れないなんてこともあります。
その点、クリニックは店舗数が少ないためどうしても予約が取りにくいのですが、脱毛サロンでならクリニックよりも店舗数が多く予約が取りやすいので、生理が心配な方は脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です