そばかすが消える?!顔脱毛とシミ・そばかすとの関係とは?

顔の産毛をサロンで脱毛したいけれど、シミやそばかすへの影響が気になって、なかなか踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、顔脱毛によるシミやそばかすへの作用についてご紹介していきます。

顔脱毛でそばかす・シミが薄くなる!その理由とは?

顔脱毛を行うことによって、産毛がなくなるだけでなく、そばかすやシミが薄くなったり消えることがあることは本当です。

肌のターンオーバーが活性化する

脱毛に使用される光やレーザーは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを活性化させる作用があります。肌のターンオーバーが活性化すると、シミやそばかすのもととなるメラニン色素が肌の表面まで押し上げられ、古い角質とともに剥がれ落ちるまでの速度が速くなります。

その結果、シミやそばかすが薄くなったり、繰り返し照射することで消えるとこもあるのです。

脱毛器・ジェルに美白・美肌効果がある

脱毛サロンやクリニックによって、導入されている脱毛器はそれぞれ異なりますが、中には脱毛効果だけでなく美白効果や美肌効果もあるものもあります。

脱毛サロンならIPL脱毛

脱毛サロンで導入されている脱毛器の中で、最も美白・美肌効果が高いのは【IPL脱毛】です。

もともと美容皮膚科のフォトフェイシャルに使用されていたもので、シミやそばかすの改善の他にも毛穴の引き締めやシワ・ニキビ跡・毛穴の黒ずみの改善、毛穴の引き締め効果もあります。

IPL脱毛を導入している脱毛サロン
・キレイモ
・銀座カラー
・シースリー
・ジェイエステ
・エピレ

医療脱毛ならアレキサンドライトレーザー

医療脱毛を行っているクリニックで導入されている脱毛器の中でシミやそばかすの改善に効果があるとされているのは、【アレキサンドライトレーザー】です。

もともとシミやそばかすの治療のために開発されたものですので、安心して照射することができます。

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニック
・レジーナクリニック
・アリシアクリニック
・表参道スキンクリニック

顔脱毛でそばかす・シミができることはない!

そもそも、シミやそばかすができてしまう主な原因は、紫外線を浴びることでその刺激から皮膚を守ろうとメラニンが生成されて、過剰に蓄積されてしまうことにあります。

しかし、脱毛で使用される光やレーザーは紫外線ではなく赤外線であるため、顔脱毛の照射が原因で新たにシミやそばかすができてしまったり、濃くなってしまうことはないのです。

顔脱毛後にそばかすやシミが濃くなったと感じる理由

脱毛の光やレーザーは直接シミやそばかすが濃くなる原因にはなりませんが、下記の理由によって濃くなったと感じる場合もあります。

一時的にメラニン色素が肌の表面に出てくる

先ほども触れたように、脱毛の光やレーザーを照射することで肌のターンオーバーが活性化し、シミやそばかすの元となるメラニン色素が肌の表面に浮き出てきます。この時に、一時的に「シミ・そばかすが濃くなった」と感じることがありますが、きちんと保湿を心がけていれば、1か月程度で薄くなってくることがほとんです。

施術後の冷却不足

脱毛の照射をした直後の肌は、軽い炎症を起こしているような状態ですので、しっかりと冷却してクールダウンさせなければ、赤みや痒みが出てしまうことに。痒みがでてきたときにひっかいてしまうと、その部分が色素沈着してシミになってしまうのです。

紫外線による影響

脱毛後の肌は非常にデリケートな状態ですので、紫外線による影響も受けやすいと言えます。それなのに、日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びてしまうとシミの元であるメラニンの生成が活発になり、シミができてしまうのです。特に、顔脱毛の施術後約1週間程度は、海やプールなど紫外線を多く浴びる場所へのお出かけは控えましょう。

そばかすやシミがあっても顔脱毛できる!ただし注意点も・・・

そばかすやシミがあっても、基本的には顔脱毛を行うことが可能です。ただし、全てのシミ・そばかすに対して照射できるわけではない事に注意しましょう。

そばかす・シミがある場合の脱毛方法

薄いシミやそばかすであれば、そのまま照射することができますが、その色素が濃い場合はそこへ熱が集中してしまうため、火傷などの危険があります。
色素が濃いシミやそばかすや、ほくろがある場合には、その部分にシールなどを貼って保護しながら照射していきます。照射できるもの、できないものはスタッフが判断してシールを貼ってくれますので、自分で保護しておく必要はありません。

肝斑がある場合も照射できない

一見シミのように見えるものが、実は肝斑である場合には、顔脱毛を行うことができません。
肝斑とは、顔の左右にぼんやりと現れるのが特徴で、主に女性ホルモンの影響が原因だとされています。
一般的なシミであれば、脱毛の照射をすることで薄くなったり消えてしまう場合もありますが、肝斑に脱毛の照射をするとその刺激によってさらに濃くなってしまうので、注意が必要です。

まとめ

顔脱毛することで、気になるシミやそばかすまで改善できるなんて嬉しいですよね。
ただし、顔脱毛による美肌効果を実感するためには、冷却や保湿などといったアフターケアが重要です。
また、照射できないシミやそばかすもありますので、カウンセリングの際に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です