肝斑やシミがある場合でも顔脱毛できる?

ぼんやりとしたシミのようなものがある場合、顔脱毛には注意が必要です。紫外線が原因で現れるシミである場合には、顔脱毛で症状が悪化することはありませんが、もし肝斑である場合には症状が悪化してしまう可能性も!

今回は、顔脱毛を検討している方へ、肝斑やシミがある場合の注意点をご紹介していきます。

肝斑がある場合は顔脱毛できない!

脱毛サロンでも医療脱毛を行っているクリニックでも、基本的に肝斑がある場合は顔の脱毛はできません。
シミである場合は、脱毛の医療レーザーや光脱毛の光を照射することによって薄くなったり消える場合もあるのですが、肝斑はこれらの刺激を受けることによってさらに濃くなってしまう危険があるのです。

肝斑がある場合には、顔脱毛を行う前にまずは肝斑の治療を完了する必要があります。

シミと肝斑の違いは?

そもそも肝斑とは女性特有のシミで、妊娠や出産をきっかけに出てきたり、女性ホルモンが乱れやすい30代に増えてくることが多いとされています。
このように、肝斑ができる原因は主に女性ホルモンの影響であることが多いのですが、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れたり、過度なマッサージなどによる物理的な刺激によってもできる場合もあります。

一方で一般的なシミができる主な原因は、紫外線です。
肌が紫外線を浴びると、大量の活性酸素が発生して細胞が酸化してしまうのですが、それを止めるために表皮ではメラニン色素が作りだされます。このメラニン色素によって、紫外線が届かないように皮膚を守ってくれるのですが、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまうと、そのまま色素が肌に残り、シミとなってしまうのです。しかし、肌のターンオーバーが正常に働いていれば、このメラニンは古い角質などと共にやがて排出されていくのです。

紫外線によるシミと肝斑の見分け方は?


紫外線の影響によってできたシミと、女性ホルモンの影響でできた肝斑との違いは下記の通りです。ただし、シミを判別することは難しく、複数のタイプのシミが同時に現れることもありますので、顔脱毛を検討している方は皮膚科を受診して顔脱毛が可能かどうか相談してみることをおすすめします。

肝斑は左右対称にほぼ同じ形・大きさで現れる

肝斑以外のシミは、特定の部分にできるということはありませんが、肝斑は左右両方の頬骨や目の周りを中心に現れるのが特徴です。

30代~40代にでき始めたものは肝斑の可能性が高い

女性ホルモンの影響を受けてできる肝斑は、ホルモンバランスが崩れやすい30代にでき始めることが多いとされています。30代~40代に現れ始めるケースがほとんどで、60代以降は逆に薄くなっていく場合もあります。

肝斑はぼんやりとした薄褐色で輪郭がはっきりしていない

ぼんやりとした輪郭のはっきりしないシミは、肝斑である可能性が高いと言えます。
薄褐色のシミがモヤっと比較的広範囲に広がっているため、顔色が悪いように見える場合もあります。

シミ・ほくろがある場合は顔脱毛できる?

シミやほくろがある場合でも、顔脱毛を行うことはできます。
脱毛に用いられている光やレーザーは、シミの原因となる紫外線ではなく赤外線ですので、顔脱毛することによってシミが悪化したり新たにできてしまうことはないのです。
ただし、脱毛の光やレーザーは黒い色素(メラニン)に反応するので、濃いシミやほくろにはシールを貼って光が当たらないように保護しながら施術します。
シミやほくろがあっても、小さいものであればそのまま照射することができることが多いようです。

顔脱毛でシミが薄くなる?!

肝斑がある場合には、顔脱毛を行うと症状が悪化してしまう危険がありますが、一方で紫外線によってできたような肝斑ではないシミであれば、顔脱毛を行うことによって薄くなったり消えてしまうという想定外の嬉しい効果があります。
その理由は、脱毛の光やレーザーを照射することによって、肌のターンオーバーが活性化するため、肌の内部に溜まっていたメラニン色素が表面へ押し上げられて古い角質などと一緒に排出されるからです。

光やレーザーにはいくつかの種類があり、サロンやクリニックによって導入している脱毛器はそれぞれ異なりますが、その中でも特にシミに対して高い効果を発揮するのが、IPL脱毛です。IPL脱毛の光には、エステのフォトフェイシャルにも使用されるものと同じ光が含まれているので、シミ以外にもニキビ跡や毛穴の引き締めなどにも効果的です。

顔脱毛でシミが濃くなってしまう原因は?

一般的なシミであれば、顔脱毛を行うことで症状が改善する場合があるのですが、反対に「顔脱毛でシミが濃くなってしまった!」なんて人も。

考えられる原因はいくつかありますが、まず挙げられるのは肌のターンオーバーが活性化したことによって、肌の内部で作られたメラニンが一時的に表面へ押し上げられてきたことにあります。いずれ古い角質などと一緒に排出されていくものですので、しっかりと保湿をしてケアしていれば1か月程度で薄くなってきます。

また、脱毛の照射後に冷却や保湿が不十分であった場合にもシミが濃くなってしまうことがあります。先ほども触れたように、光やレーザーは黒い色素(メラニン)に反応するため、シミに照射すると赤く炎症を起こしたような状態になることもあります。きちんと冷却や保湿を行わずにそのまま放置してしまうと、かゆみが出てきて、その部分をひっかいてしまう事による色素沈着が残ってしまいます。この色素沈着が、シミを濃くしてしまう原因となるのです。また、脱毛後の肌は敏感ですので、紫外線対策もしっかり行うことで、シミが濃くなることを予防することができます。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
肝斑とシミの判別は難しいため、もし顔脱毛を希望であれば事前にカウンセリングの際や皮膚科を受診して確認することをおすすめします。
後から後悔しないためにも、安心できる状態で顔脱毛を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です